2019年4月のエントリ

Visual Studio 2019に入れ替え。とりあえずウェザタイプロジェクトを開いてみたが、プロジェクト設定を最新のプラットフォームにしたり何度かリビルドして、とりあえずビルドはできた。

Channel 9の動画で見たが、Xamarin.FormsのXAMLがデザイナーで表示できるようになった。デザイン時だけのリストを入れたり、かなり改善されている。

で、XAMLデザイナーを使うためにはXamarin Forms 3.6にアップグレードする必要があるようなので、嫌々アップデート。ただ、今回増えたバグは、Xamarin Forms WPFのリストボックスのスクロールバーが、常に表示されるようになったことくらい。思ったよりバグは増えなかった。

で、スクロールバーの件はListView hide scroll view scroll barsで作り込まれている。スクロールバーのhidden/visibleが指定できるようになったみたいだけど、何故かWPFでは今まで使えていたAutoが使えなくなっている。なので、例のごとくListViewのRendererで以下を指定して回避。

System.Windows.Controls.ScrollViewer.SetVerticalScrollBarVisibility(Control, System.Windows.Controls.ScrollBarVisibility.Auto);