2020/06/22 - 規制対応

ウェザタイ4.1で文章自動生成を作ったので、英語も対応してそろそろ英語圏進出したい、というのがある。

ただ、以前からちょっと躊躇してるのが各国規制。まあ日本で公開していても気にしないといけないんだけど、英語圏で公開するなら必須。

以前COPPAについて軽く調べたが、もう少し調べてみる。専門家ではないので信じないように、・・・というのは一応書いておかないといけないらしい。

COPPA

COPPAの定義では、13才未満を主な対象としているサービスで個人情報を集めたり、一般が対象のサービスでactual knowledgeを有する場合に適用される。最終的には客観的な判断だが、ウェザタイは13才未満が主な対象ではない。actual knowledgeは、要するに年齢を登録させるようなサイトだと、13才と知ってるじゃん、てことらしい? ウェザタイはユーザの年齢なんて知りようがないのでこれもあてはまらない。また、もしあてはまったとして、個人情報があるか? だが、ウェザタイに関連するところではハンドルだけで、COPPA上「オンラインコンタクト情報と同様に機能する場合に限る」となっていて、まあ当てはまらないでしょう。適当なハンドル登録できるし。今後、ハンドルじゃなくてメールアドレスでログインできるようにしたり、年齢を登録させたり、写真を投稿できるようなシステムを作ったりしなければ問題はないか。

GDPR

あとはGDPR。最近いろいろなところでクッキーの承認が出てきてうるさいのだが、これもやっておかないといけないのかな。ってことで、掲示板、クッキーを使わないようにした。ハンドルは毎回入れるようにして下さい。


コメントする