2021/03/22 - 脳の実現

最近ウェザタイに使うためにディープラーニング実装したり本読んだりしている。ニューラルネットを勉強してたときは脳とかけ離れているのでこれじゃあ脳を作るのは無理だな、と思ってたのが、結構面白いところまでいっているのが分かってきた。

プログラムで脳を作るのは子供の頃からの夢なのでずっと本読んだり考えたりしているのでちょっとだけメモ。

おそらく最初にキモになるのはエンコーダとデコーダで、外界の情報を主成分分析的に圧縮して、概念をベクトル化するところ。この辺りはいろいろ脳関係の本を読んでいると実際の脳でもやってそうな感じがする。たぶんニューラルネットで言う誤差逆伝播は実際にはなくて、ヘブ則と抑制性シナプスとよく分からない接続で解決しているはずなんだけど。

で、もう一つ重要なのが環境入力と動作の出力から報酬を予測するところで、こんな感じなのかな、って考えていたのはあるんだけど、最近勉強してたら出てきたディープラーニングを使った強化学習がまさにそういうことを言っている。ただ、世界に実際の身体があって生活しながら学習させないと高度な知性にはならないし、報酬を何段階にも動的に獲得していく必要があるはずなので、今の強化学習だけではダメな気はする。強化学習はそこを目指しているわけではないけど。

この辺り、いくらでも書くネタはあるけど、理解できるものにならないしただの妄想なので書いてこなかったところ。でもそろそろ何か書いていきたいなあ。例えば全身麻酔したとき、その間時間経過を感じずに一瞬で目覚める感覚になるわけだけど、それって脳が動いていない、つまり死んでいる状態を一時的に再現している、と。逆に死んだ後はそういう状態なわけで、時間経過も何もないことが分かる、とか。誰か意味分かりますかね。


コメントする