2021/02/14 - Denasuのコンセプト

今更だけどDenasuトップページにコンセプトを追記した。

作者の好きなことをソフトウェアにしているので、作者自身がユーザです。また、趣味の開発であり、広告も利益も目指していません。ユーザとして欲しい機能、使いやすさを目指しています。

フリーソフトだからできることがある、というだけで、商用ソフトウェアを否定するわけではない。

結局KPI、何を目標にするかによって結果が全然違うわけで。

例えばWWW。昔はユーザの相互情報共有を目指して有用なコンテンツがたくさんあった。その後商業利用が大多数になってKPIが利益になったので、ユーザが見づらくても広告を入れまくったり、SEO対策でどうでもいいページばかり増やす結果になった。

例えばテレビの報道。KPIは視聴率=スポンサー獲得なので、視聴者の利益とか日本を良くしたい悪くしたいという思想は特になくて、単に何でも批判して煽っていれば視聴率が取れるのでああいう風になっているだけ。

ソフトウェア。商用のソフトウェアの場合、どうしても利益を優先するので、誰かがほしがっているものを(自分は欲しくないのに)作ってあげることになる。なのでなかなかユーザ目線になるのは難しい。昔ながらのフリーソフトはKPIが自分が使いたいものを作る、なのでユーザの利益と直結しやすい。

ということで(今のところ)自分は他のことで十分収入を得ているので、Denasuは広告もなし、営利非営利関わらずフリーソフトとして使ってもらう、とうやり方にしている。


コメントする