2007/03/12 - Vista向けにいろいろ対応してみた

I・O DataからUSB2-PCADPGのVistaドライバが公開されていた。さらにVista x64版も公開されていたのでついでに入れてみる。これでx64でもある程度生活できるかも。やる意味があまりないけど。


新ノートが来てからWeather TypingとWorld TesterのVista対応,Visual Studio 2005対応,Unicode対応,64bit対応をやっている(つまり機能追加の全くないバージョンアップ)のだが,Vista対応はちゃんとやろうとすると難しい。問題は主に2つ。

1つ目はUAC。管理者権限でもProgram Filesなどが書き込み禁止になるというもの。MS推奨的にはユーザごとに異なるデータはAppDataに入れよ,とのことなんだろうが,フリーソフトとしてはアンインストールが面倒になるので辛い。市販ソフトは普通アンインストーラがあるのでMS推奨通りにやればいいんだろうけど,フリーソフトはたいていデスクトップとかドキュメントフォルダにダウンロードしてその場で展開,いらなかったらそのまま削除,といった手順になると思う。でも設定をAppDataに入れてしまうと,まずデータを消してからプログラムを削除になって面倒になる。結局今は中途半端な策として,プログラムがProgram Filesなどに入っていたら設定は書き込まない方針で実装中。つまりVistaに仮想化されて変な場所にファイルができたり,ファイルに書き込めなくて落ちるといったことだけはないようにする,と。インストーラのないフリーソフトのためのもっといい方法はないのかなあ。

2つ目はUIPI。アプリケーションごとに(というかカーネルオブジェクトごとに)権限が決められていて,自分より高い権限には手出しできないというもの。これに影響を受けるのは…ロビーの自動退席機能。ロビーを起動しておいて,例えば1分間マウス,キーボード操作がなかったら状態が「退席」になるという機能だが,UIPIによって,ロビーを起動中に管理者権限のアプリケーションで作業をしていると,マウス,キーボード操作をしていても「退席」になってしまう。対策するとしたらどうやるんだ。電子署名とManifestでいいようなことも書いてあったりするけど,フリーソフトで電子署名は無理っぽいし,マウスとキーボードドライバでも書くしかないのか。って64bitだとドライバにも電子署名必須だし。てことで現状こういう制限にするしかないと。


コメントする