2018/06/23 - 各プラットフォームのストア申請

Weather Typing 3.3をMicrosoft/Google/Appleのストアに申請した。Windows/Androidは既に公開済みでiOS/MacOSは申請中。

久しぶりに申請した感想としては,Windowsストアが一番楽。Appleストアはきつい。Windowsストアはアプリが少ないのでできるだけ登録しやすくしていて,Appleはアプリが多すぎて質が落ちるのを嫌って障壁を作っているんじゃないかと邪推してしまう。


Microsoftストアは特に何もつまづくことなく申請と登録が完了した。前回の申請からそんなに期間が空いてないのもあるのかもだけど,一番申請しやすい気がする。


Googleプレイは特に前と変わらずだが,元々見づらいというか・・・。申請しようとしたら,もうすぐ古いOS(API)のアプリは申請できなくなるという警告が出た。でAPIレベルを上げたら,パーミッションの設定の方法が変わっていて動かなくなった。とりあえずアプリ起動時に,パーミッション許可をユーザに聞くようにして,許可されなかったら終了するようにした。本当は許可しなくてもある程度使えるようにするのがいいんだろうけど。


Appleストア。どのストアも必要なスクリーンショットやアイコンがかなりあるんだけど,Appleはビルド,アップロード,サブミットと色んな段階で少しずつエラーにしてくるのがつらい。スクリーンショットも,厳密にピクセル数が決まっているのに,シミュレータではどうやってもその解像度の画像を作れないとか。最終的に「アップロードして完了したけどiPadのアイコンはなかったよ」とか言われて,修正するにはアプリのバージョンを上げないといけないとか。ちゃんとしたアプリを開発している人は途中で投げ出して,スパム業者だけはちゃんと頑張るみたいな状況になったりしないのかな。

ただ,輸出管理のことをちゃんと出してきたのはAppleストアだけかな。Mac版を申請しようとしたら,HTTPSを使っているだけでも輸出管理が必要だ,と言われて,なるほど,的な。denasu.comのHTTPS化でここに影響があるのか。結局,年次レポートを米国に出せばいいのかな。


コメントする