2018/03/21 - フリーソフトと個人情報保護

ウェザタイ。ついにテストに入って、ゴールデンウィークにはマルチOS対応をリリースできそう。各ストアも英語圏に登録して本格的に世界進出しよう、というところなんだけど、シリコンバレーシーズン4を見ていて、ちょっと怖くなった。

お話は、すごい圧縮率のアルゴリズムを使ったチャットサービスを運営してユーザがどんどん増えたけど、COPPA(児童オンライン保護法)に違反していてものすごい罰金を払わないと、っていうもの。話自体は相変わらず面白いんだけどそれは置いておいて、ヨーロッパのGDPRとか、知らないと大変なことになるものが出てきて、個人で作ってるアプリでは把握しきれない。みんなどうしてるんだろう。

ウェザタイも見直してみた。ウェザタイはユーザ登録はあるけど、ハンドルとパスワードだけ。パスワードは暗号化しているし、チャットデータとかはもちろん保持していない。DBに入っている情報は、そもそもランキングとかで公開しているわけで、盗まれても何の情報も漏洩しない。ってことでデータ自体に問題はないと思ってるんだけど、規約までいくとなかなか。

ただ、ランキングのWebサイト欄にメールアドレスを入れている人がいて、その場合は個人と紐付いてしまうわけで、そこだけDBから消してみた。ウェザタイ側でメールアドレスを入れても、今は登録されないようになっている。


コメントする