2021/04/18 - Unityでワード自動生成

ウェザタイ4.1ではディープラーニングを使ったワード自動生成を実装した。で、Unityで作っているタイピングソフトでは基本的にワードは自動生成にしたいな、ということで調査。

PyTorch+BarracudaでLSTM

UnityではBarracudaというエンジンを使ってディープラーニングを動かせる。多分例によって他で学習したものを使えるだけ。つまりPythonなどで作ったモデルをONNXに変換するとUnityでも使えるようになるのだが、前回の日記のようにkerasではTensorFlow2が使えなかったりして変換ができなかった。PyTorchも変換したモデルをUnity上に持ってくるとエラーになっていたのだが、Barracudaのバージョンを1.3.3(実験版)にすると読み込んでくれた。

で、Embedded層、LSTM層を入れたモデルを動かしてみたのだが、どうも一箇所おかしな部分がある。BarracudaReferenceCPU.csのLSTM関数で、入力テンソルの形が(ワードベクトル, バッチ)になっているぽくて、LTSMの各ゲートの重みテンソル(ワードベクトル, 隠れ状態)との内積を取ろうとして行列の型エラーになってしまう。具体的にはここ。

var i_mad_w = _(Add(new[] { _(MatMul(X_sequence, false, W[g_i], false)), Wb[g_i] }));
var j_mad_w = _(Add(new[] { _(MatMul(X_sequence, false, W[g_j], false)), Wb[g_j] }));
var f_mad_w = _(Add(new[] { _(MatMul(X_sequence, false, W[g_f], false)), Wb[g_f] }));
var o_mad_w = _(Add(new[] { _(MatMul(X_sequence, false, W[g_o], false)), Wb[g_o] }));

MatMul(行列積)の第2引数が転置フラグになっていて、ここをtrueにするとうまくいく。使い方が悪いんだとは思うけど、外側からなんとかできるようなものではなさそうなのでPyTorchとの相性なのかなあ。

他にも、元々はモデルの最後に出力ワードの確率を取るためにsoftmaxを入れていたのだが、そっちもreshapeでなぜか列が増えてしまって型エラーになったり。こっちはC#側で計算すればいいので問題はないけど。

結果

こんな感じ。まだデバッグ版でCPU使用だけど、生成の速度は1文で1秒未満くらいかな。日本語の出来としては・・・学習が15分くらいなので、もう少し学習すればよくなるかも。

まとめ

Barracudaを実験版にしてさらにオープンソースに上記の修正をすると動くのだが、Unityライセンスを調べないと公開はできないかなあ。公開までにリリース版が出てバグ?が修正されているといいなあ。

なお、今回Barracudaをデバッグしつつ、LSTMを自分で実装したものと実行内容を比較してようやく問題が判明した(なんとなく転置がいるのはすぐ分かったけど、デバッグしてようやく理由が分かった)のだが、やっぱり一回自分で実装しているから分かる部分もある。ライブラリの使い方を知っているだけじゃなくて中身も知ってる方がいい。


コメントする